●@コスメさんにて連載♪
からだの中からキレイに!カンタンおいしいレシピを毎週お届け♪
【ビューティー☆レシピ】
'08.07~'09.09

●クイッキングさんのサイトにて
ご紹介していただきました。
【主婦ばんざい】

●『おはよう奥さん』'09 8月号
野菜おやつレシピを掲載させていただきました♪

●『Pafait(パフェ)』'09 春号
ベジ&スイーツレシピを掲載させていただきました♪

●『月刊komachi』'08 12月号
塩きのこレシピを掲載させていただきました♪

●『おはよう奥さん』'08 12月号
もやしレシピ3品、掲載させていただきました♪

●『FYTTE』'08 12月号
秋野菜スイーツ16品、掲載させていただきました♪

献立クラブさんのトップページでイチオシサイトとしてご紹介いただきました!('08.9~10)

●『おはよう奥さん』'08 9月号
別冊付録にて、豆腐のヘルシーレシピを掲載させていただきました。


玄米菜食中心のゆるベジ生活を
送っています♪
化学調味料・砂糖は不使用。
スイーツには体に優しい甘味料を
極力控えめに♪
油脂分も少量を心がけています。
♡素材の味を楽しむ素朴ベジ料理
♡優しい甘さのナチュラルスイーツ
身近な素材で簡単に、ぱぱっと出来ちゃうヘルシーレシピをご紹介しています♪
マーク みるまゆ



いつも応援ありがとうございます。
クリックしていただけると、 とっても励みになります(^^) 今日もぽちっとお願いします♪

レシピブログ

にほんブログ村 料理ブログ


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL:http://mirujets.blog121.fc2.com/?overture" target="_new

-- : -- : -- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
卵なしの葛プリン(抹茶味)
2007 / 07 / 17 ( Tue )
卵なしの葛プリン(抹茶味)①

最近、抹茶にはまっています。

ちょうど先日、ネットショップで注文した抹茶が届きました。

300g入りなので、惜しみなくふんだんに使うことができます(^^)v

葛は、体をあたため胃腸の調子を整えてくれます。

葛の食感がやみつきになる、卵なしの抹茶プリンをどうぞ♪


材料 材料>プリンカップ4~5個くらい

豆乳 500cc
砂糖 30g
抹茶 大さじ2
寒天 小さじ1
葛粉 大さじ1

粒あん 適量


作り方 作り方

1.抹茶は分量の豆乳1カップ程でよく溶いておく。
2.鍋に豆乳、砂糖、寒天、1を入れてよく混ぜてから火にかけ、
  軽く沸騰させ絶えず混ぜながら2~3分煮る。
3.葛粉を大さじ2の水で溶き、少しずつ加える。さらに2~3分混ぜながら煮る。
4. 型に入れて、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。
5.お好みで、粒あん少々を乗せていただく。

混ぜながら、よーく葛を煮溶かさないと固まらいことがあります。
抹茶や葛はダマになりやすいので、混ぜるときはゴムベラで
鍋肌や鍋底にこすりつけるようにするといいです。 


今日は友人の家に遊びに行く予定だったので、
100円ショップで見つけた蓋つきのプリンカップに入れて。
これだと6、7個できます。
小豆を豆乳(小豆の1/2量)で溶いたものを上にかけました。

卵なしの葛プリン(抹茶味)②


★下記のランキングに参加しています。クリックして下さると嬉しいです♪
  にほんブログ村 料理ブログ レシピブログ

スポンサーサイト

この記事のURL:http://mirujets.blog121.fc2.com/blog-entry-18.html

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

10 : 14 : 00 | 手作りお菓子 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
小豆あん(粒あん)
2007 / 07 / 17 ( Tue )
小豆あん(粒あん)

あんこを食べるとホッと心が温かくなるような気がするのは私だけでしょうか…?
いつも大量に煮て、小分けにして冷凍しておきます。
自然解凍で、おいしさもそのまま蘇ります!
おだんごに、お饅頭に、ケーキに…と大活躍の我が家の常備品です。


材料 材料

小豆 300g
水 約5カップ
昆布 3cm角くらい1枚
甜菜糖(or粗製糖) 160~170gくらい
塩 少々


作り方 作り方

1.小豆はさっと水で洗う。
2.鍋に小豆、昆布、水を入れ、蓋をして強火で煮立てる。
  沸騰したら弱火にして小豆が柔らかくなるまで40分程煮る。
3.甜菜糖(or粗製糖)を加えしばらく煮てから塩を加えて、好みの型さになるまで練り上げる。
  冷めると固くなるので、柔らかめかな?と感じるくらいで火をとめる。

茹でこぼしもさし水も特にしません。
てんさい糖を加えてからは蓋をとり、焦げ付かないよう時々混ぜながら強火で煮立てて下さい。
甘さは好みで増減して下さい。

最後の水分のとばし具合で出来上がりの量は変わってきますが
(私はつい固めに練り上げてしまいます(^^ゞ)、だいたいいつも950g~970gくらいです。


★下記のランキングに参加しています。クリックして下さると嬉しいです♪
  にほんブログ村 料理ブログ レシピブログ

この記事のURL:http://mirujets.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

00 : 14 : 00 | 手作りお菓子 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。